SSブログ

映画と観劇

 昨日は映画鑑賞と観劇の日でした。どちらも出演女優さんが目当てです。

 

 まず映画。「君が踊る、夏」。主人公の母親を演じるのは宮崎美子さん。台詞や表情の端々から「自慢の息子」であることが伝わってきます。母親と息子の関係とはその数だけあるのでしょうが、母親の愛情を一身に受け、そのことをしっかり理解することが母子の安定関係を築くのだと感じ入った次第です。

 難病に侵された少女が、よさこいを踊りたいという希望を力にしていく物語という風に捉えられる向きも多いでしょうが、それはこの物語の一面でしかありません。わたしは、この物語に登場するすべての人が「よさこい」を通じて何が一番自分にとって大事かを発見する物語と捉えました。

 

 観劇は、堀内敬子さんが出演する「W」の大阪公演。前から舞台を観たい観たいと思っていた堀内敬子さんの舞台を観ることがようやく実現しました。舞台の上の堀内さん、相変わらずキュートでよく動きます。

 出演する俳優さんを目当てに芝居を観るとき、芝居そのものは自分の好みに合わず退屈してしまうということも珍しくありません。しかし、これは面白かった!サスペンス劇ということで、もう2転3転します。もう1回みたいなと思わせる芝居でした。

 

 で、今日は映画のレビュー書きをしているので、勉強できません。今度の3連休のうち前半2日は出勤ですし、その翌週はまた映画です。結局今月の週末は勉強できそうにありません。ちょっと焦りますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

不本意な週末数学と雑文書き ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます